運用形態の良し悪しを見抜く|飲料ビジネスのイロハ

画期的なシステム

コーヒー

一体どんな場所に設置して良いのか

日本では頻繁に見かける自販機ですが、どのようなシステムで設置されているのでしょうか。簡単に言えば、自分の土地に空きスペースがあり、そこに自販機を設置したいと思えばいつでも可能です。現在、副収入としても注目を集めており、何もしなくても幾らかのお金が手に入るというのがその魅力です。自宅の空きスペースを業者に貸し出せば、設置やメンテナンス、ゴミの片付け、品物の入れ替えや補充などはすべて、業者が行ってくれます。収入は売上の20%で、この場合、光熱費は自分持ちとなります。ざっと見て、光熱費は月5千円程度です。5千円回収するには月に約300本ほど売る必要がありますね。家に太陽光発電などつけている方は、光熱費がかからないのでお得です。

メリットとデメリットを考える

もう一つの方法として、自分で自販機を購入することもできます。自販機は、新品から中古まで、価格も異なります。この場合、設置やメンテナンス、販売商品や補充、ゴミの処理など、すべて自分で行う必要があります。一方で、収益はすべて手元に入ります。気軽にお店を持ったような気分が味わえるので、マーケティングに興味のある方は試してみると良いかもしれません。どちらの方法であれ、大事なのは設置場所です。光熱費は必ず生じる出費ですから、それ以上の売上を見込めなければ赤字必須です。たかが自販機、されど自販機ですので、支出と収入のメリットやデメリットをよく考えてから行動する必要があります。しかしながら、設置場所が良ければ、おこずかいとしてまずまずの収入を見込めるかもしれません。