運用形態の良し悪しを見抜く|飲料ビジネスのイロハ

簡単にスタートできる

男性

手軽にスタートできるビジネスに自販機設置があります。自販機設置を業者に依頼する時には、ネット申し込みが便利です。所有する土地に設置することで利益をあげることができます。設置の時の費用は基本無料ですが、業者に確認してみましょう。

View Detail

異なる運用形態

女性

最も一般的な運用形態フルオペレータータイプとは

自販機の運用形態には大きく2つのタイプがあります。一つはフルオペレータータイプで、自販機設置から商品の補充,メンテナンスまで一切の作業を自販機ベンダー側で行います。したがって導入する側は、自販機を設置する場所の提供と自販機が消費する電気の電気代を支払うだけで後は何もすることがありません。非常に気軽に導入出来、また設置後の手間がかからないため最も一般的な自販機設置の方法となっています。但し、得られる利益は飲料の売り上げの20%前後(消費税抜きで)で、電気代が一台あたり一か月5000円前後であることを考えると、一か月250〜300本以上売れなければペイ出来ません。売上は実質ほぼ設置場所で決まってしまうため、不利な場所に設置すればただ赤字を垂れ流すだけの存在になってしまいます。

利益優先なら選択の余地も、セミオペレータータイプとは

自販機の運用形態のもう一つの方法として、セミオペレータータイプがあります。これは、自販機ベンダーから自販機をリースもしくは買い取りで導入し、商品の仕入れ,補充,メンテナンスその他すべての作業を導入した側で行います。実質小売店の経営者になることと同じで、すべてのリスクを取る代わり利益も全て得るという方法です。補充作業は場合によっては毎日になりますし当然いろいろ手間もかかります。更に仕入れ等も独自に行う分けですから売れ筋の判断や適切な仕入れの数の判断なども求められることとなり、つまり腕の良し悪しがもろに売上に影響します。場合によっては不良在庫を積み上げて大きな損失を被る場合もあります。しかし、フルオペレータータイプでは得られない商売の面白みを感じられるのも大きな特徴といえます。時間と熱意さえあれば十分選択枝に入れてもよい方法と考えられます。

画期的なシステム

コーヒー

土地に空きスペースがあるならば、自販機設置を行なうことで副収入を得られます。業者を仲介すると、設置やメンテナンス、補充など手間の掛かる作業は総て代行してくれます。自分で自販機を購入して、総てのメンテナンスを行なう人もいるのです。

View Detail

新しい土地の活用

シニア男性

少ない土地を有効活用できるのが、自販機設置です。少ない負担でビジネスを始められるので、人気が出ています。場合によっては無料で設置依頼が可能です。自販機設置時の売上予測サービスを提供していることもあり利益を想像しやすいです。

View Detail